日本のワークスタイルについて

34才のバツイチ女です。
子供は男が一人、まだ小学5年生です。
離婚して10年ほどになるけど、いまふり返っても分かれて清々した感じ。

 

なんせ前旦那、私が出産で入院していても一度も面会に来ず、子供が生まれてからでも一度も来なかったのよ!
私が適当なコト言ってると思ってるだろうけど、コレ事実なのよ。

 

 
仕事が忙しかったんだというだけど、夜中まで仕事をしてるわけじゃなし、ちょこっと仕事が終わってからでも顔なんて出せると思うンだけだね。
一度も来なかったね、アイツは。
その後も、危機的なことはいっぱいあったんだけど、子供を父なし子にするのは不憫って思い、私なりにガンバッたつもりだけど、とうとう切れちゃった。

 

そりゃー経済力では男の人に敵わないし、女一人で生きていく大変さは、それなりに想像していたんだけど、精神、心の安らぎを求めたってわけ。
いまパートで花やさんで働いてるんだけど、そんな私が感じた今の世相を少し述べてみます( ゚Д゚)

 

いま日本の「働き方改革」「ワーキングイノベーション」に関して、ちょうどホットな話題になっているようね。大手企業、中小企業を問わず、労働協約に違反した働き方、残業時間、さらにはパワハラといったところがとりあげられるようになっています。実際に残業時間を抑制することだけが大きくピックアップされているみたいだけど、これを機会に日本人の働き方の改革を根本的に行うことが重要ではないかと考えるのよ。

 

 

残業時間を浴せ使用とすれば、その仕事を家に持ち帰って行うことになり、実際は本末転倒ということになりかねません。ようするに重要なのは労働生産性をいかに上げていくことが出来るか、そしてその仕組み作りにかんしては各企業が自覚を持って行わなければ、まったく意味を成さないということになるのではない
でしょうか。今、日本では労働人口がどんどん減っていく中、ホットな話題として宅配業界も受注を抑制したり、人件費を上げることで現場の働き方を変えていく動きを行っています。

 

 
正直、一昔前なら考えられないことです。どんどん仕事を増やして売り上げを伸ばせという大号令しかなかったわけですから。しかし、これからは働き手の確保やその働き方の改善も含めて企業としての姿勢を示していかなければ、企業として成り立たなくなっているみたいね。

 
これが、一企業としての動きではなく、あらゆる業界でひろがっていくことでしょう。また、女性の働き方、海外人材の活用方法など日本という国を今後も存続させていくための課題として「働き方」は本当に大きな問題になってくるのではないかと思います。

 

 

 

冒頭から記載している通り、単に残業時間の規制という国としてのトップダウンの考え方だけではとてもではないですが厳しい状況です。実際、日本の労働生産性に関しては世界の先進国の中でも非常に低いとされています。本来はここにメスを入れて、いかにあげていくことができるかが根本的な問題になっていくわけです。日本はここまで一時は世界第2位の経済大国としてこの資源のない、人口の少ない中でも伸び続けてきました。

 

 

しかし、これからは同じようなスタイルで「頑張る」スタイルから「公立よく頑張る」ワークスタイルの確立に国として変革していかねば、これからのかわらぬ繁栄は見えてこないのではないかとそう感じている昨今です。

写真や映像では伝わらない本物の力

私は猫が大好きです。三匹の猫と一緒に暮らしています。

すっかり猫の魅力にはまってしまっている私は、猫グッズはもちろん、猫に関連したアートにも興味を持つようになりました。
猫を題材に描く画家は多く、テレビや画集などで楽しんでいましたが、本物の作品を目の前にする機会は多くありませんでした。
NHKの「日曜美術館」という番組が、日本画の大家、竹内栖鳳の「班猫」を特集したときも、猫が登場する日本画の代表作ですからもちろん視聴しました。

もともと好きな絵でしたが、絵にまつわるエピソードなどを聞いているうちに「実物を見たい!」という気持ちが高まってきました。

番組の中で「山種美術館で公開中」と紹介していたので、思い切って見に行くことにしました。

 

 

数日後、数時間かけて山種美術館にたどり着くと、「日曜美術館」の放送から間もない時期だったこともあり、「班猫」の前は一段と人が集まっていました。

背の低い私は、人が流れていくのを待ちながら少しずつその絵に近づいていきま

した。
私の前に立っていたカップルの男性が、日曜美術館で仕入れたであろう情報を女性に話し、女性が感心しながら聞いていました。私はそんな二人をほほえましく思いながら、絵がしっかり見えるポジションが空くのを待っていました。

 

 

いよいよ私の前に「班猫」があらわれたときの感動は忘れられません!
猫の毛の一本一本まで本当に緻密に描かれていました。質感までも伝わってきました。
思わず手で触れたくなるほどでした。

でも、ただリアルに描かれているからすばらしいというわけありません。
描かれた猫のポーズはむしろ不自然、実際の猫がこのポーズをとるのはムリなのです。
ただの写実性ではなく、画家が猫を通して表現した特別な「美」がそこに感じられたからこそ感動したのだと思います。

 

 
私はその絵の前からしばらく動けませんでした。
他にも素晴らしい日本画がたくさん展示されており、それらの作品も鑑賞しましたが、やはり最後にまた「班猫」の前に戻らずにはいられませんでした。思わず涙ぐんでしまうほどの感動がありました。

写真や映像では作品の本当の魅力はわからないのだなぁ…ということをしみじみと感じました。
近づいて細部をよーく見たり、ちょっと離れて見たり、斜めから見たり、様々な視点で見ることができるのも本物が目の前にあるからですし、何といっても本物の持つ存在感は圧倒的でした。

数時間かけて美術館に来た甲斐があったというより、この作品を見るために数時間かけることができた自分の状況をありがたく感じました。
「山種美術館」でも常設展示されている作品ではないので、機会を逃さず来て本当に良かったと思いました。いつかまた会いに行きたい作品です。

占いで救われた33才の主婦のお話し

“私は大阪府在住の33歳専業主婦で、夫と2人で暮らしています。私が最近経験した電話占いでの出来事をお話したいと思います”

 

電話占いは、主にタロット占いが主流になります→『占い.tokyo』

 

ここ数年、転職をくり返していて、なかなか定職に就けなかった時期があったのです。
ハローワークに行ったり、転職サイトなどに登録して職探しをしていたのですが、紹介された会社に勤めても、なぜか自分の居場所ではないような気がして辞めてしまうことが多かったのです。
でも居場所という感覚が何なのかも分からず、傍から見ていれば、ただの怠け者やワガママという感じで、周りの人に相談しづらかったのです。
良くない運気の流れを感じていて、何とか打破するために電話占いを利用して、何かアドバイスをもらおうと思いつきました。

過去に何度か利用したことのある電話占いサイトを見ていたら、最近は霊感や霊視などの占い方法が人気みたいだったので、その占術が得意な占い師を探しました。

 

 

昼間だったので待機中になっている占い師が多く、どの人にしようかとプロフィールを眺めていたら、いきなりパソコンの画面が固まってしまいました。
滅多にないことなので何が起きたのか分からず、あちこちキーボードを押してみたのですが全く動きませんでした。
再起動するためにクリックしようとした時、画面が動いたので見てみると、さっきまで見ていた占い師とは違う人のプロフィールが出てきました。
その占い師もまた霊感占術だったので、何故か分からないけれど運命的なものを感じて占ってもらうことに決めたのです。

 

 

 

すぐに繋がった占い師さんの声は、どこかで聞いたことのあるような親近感をおぼえ、仕事についての悩みを打ち明けました。
すると「今日は見えない力で引き寄せられましたね。」と言われ、全身に鳥肌がたつような感覚になりました。

 

 

その後、約20分間にわたって私の波動を読み取り、私にとっての仕事はごく生活の一部、または趣味などの延長線上にあるとアドバイスされました。
つまり、非常に好奇心旺盛なタイプなので、興味がないことを仕事に選ばない気質があるというのです。

 

 

 

そう言われて直感的に「当たっている」と感じた私は、自分の趣味について語り、そのうちのどれかが仕事に直結するかどうか確かめました。
全部で10個くらい提案して、可能性があるものだけを抜粋してもらったら、パソコンを使った仕事に的を絞ることができたのです。

 

 

 

私が現在ライティングの仕事をしている理由はここにあって、占い師に言われた通りに行動したところ、外で働くのと同レベルの収入を得るまでになりました。
今思えば、パソコンが急に固まったのも意味があって、何か見えない力によって引き寄せられたのでしょう。

 

 

 

占いというのは不思議なもので、本気で信じることができれば必ず良い方向に向かうものです。
これからも何か悩み事があれば、理屈ではなく直感で道を切り開くために、占いを続けていこうと思えた出来事でした。

タバコをやめた主婦のお話し

年は39才の主婦。東京から神奈川県に入る多摩川を越えたところに住んでいます。独身の時から住んで、もう10年ほどになる。

家族は子供が2人、旦那は大手自動会社の部品整備員で4人家族。
私は週に2~3回、近所のスーパーにレジ打ちでバイトをしています。

下の子供がようやく小学校にはいったので、旦那や子供たちを送ったあとに、、一人でこっそりと嗜むタバコだけが唯一の楽しみだった。

楽しみだったというのは、そう・・今は吸ってません(^.^)/~~~

初めてタバコを吸ったのが、学生のときだったから、もう長年の親友以上のおつき合いでしたが、きっぱりと辞めました。

これまでも、辞めようかなと漠然と考えたことは何回かあるのですが、別に健康を損なったわけでもないし、第一、タバコを吸って煙を空中に吐くときの爽快感がサイコーだったのよ。だって日ごろのストレスを、タバコの煙がぜ~~んぶ空中に持っていってくれるんだもん♪

そんな私がキッパリとタバコをやめたのは、やはりおカネの問題・・おカネね。
考えてみれば、私がタバコを吸いだした何十年前から比べると、その値段が優に数倍してるのよ。

これまで私がタバコに投資してきたおカネの累計を考えたら、なんとマンションの一戸は買えてたかも。って、そんな訳はないんだけど、とりあえず頭の中で計算してみたらすご~~い金額!

ストレスは確かに発散できたけど、確実に体の中はニコチンで肺は真っ黒けの毛・・のはず。
なんだか肺ガンの統計をみると、タバコの接収はもっとも危険だそう。
アタマの中では何となく予想はしていたんだけど、タバコ縁切りに挑戦したのは、子供ができて子育てに入ってから。

結局、働き口が一つ減れば収入が減るわけだし。
子供が大きくなるにつれ費用が増えるわけだし。

・・で、計算してみたのよ、私が吸っていたタバコの消費金額を。
なんと・・年間で80,000万以上のおカネになるのよ。
これだけのおカネがあれば、子供たちにお洋服を買ってあげられるな・・と親なら誰しも考えること。

ついでに、タバコの値段の構成を調べてみたのよ。
そしたらなんと60数パーセントもの税金がかかってるじゃない~~~( ;∀;)
国税が24.7%、地方税が28.5%、特別税が3.8%、消費税が7.4%。
これに、ニコチン等の化学物質がなんと4000種類も含まれているって。
4000種類もよーーー!!

・・って、ぶっちゃけこれくらいのことは大凡(おおよそ)頭の中では分かっていたんだけど、ホントに辞める決心がついたのは、タバコに使っているお金の計算をした時なの。
私が吸っていたピアニッシモはひと箱450円、だいたい2日にひと箱ペースで買っていたので、年間182,5コ×450円=¥82,125.

今はコツコツと溜めたタバコ預金を、年末にまとめて子供たちと計算しちゃったりしています。そのおカネで子供に洋服を買ってあげると、喜ぶ顔がたまらないわ~~~!(^^)!

タバコをやめたどこにでもいる主婦のお話でした。