車を運転していて思った事

専業主婦の私でも、近所の買い物からお出かけまで普段から運転をするこのが多い私。職業柄、運転をする人って少なくありません。そして普段なら絶対に通ることのないような路地を通ったりすることも。何となく道路に設置されている安全標識を探してみて気が付きました。

しかし慣れない運転の時には、もしも対向車が来た場合、どこによけたらいいのか?ということがよくわからないことがあります。そんな時にあったらいいなと思う安全標識があります。

例えば、この先細くなっているので、対向できないなどといった標識があると、運転をしていてもドキドキ感が軽減します。またそのような狭い場所では、横から出てくる車には、とても注意が必要です。狭い道のそばに昔ながらの家が建ち並んでいると、それこそ車や歩行者に注意が必要ですよね。それも慣れない道であると、どの道から出てきやすいというのがすぐに判断できません。そのため、出合いがしらの衝突という可能性もないとはいえません。

地元の住民は、昔から生活をしているから大丈夫であっても、土地勘のない人にとってはとても恐怖を感じる道であることもあるのですね。そのために、誰が見てもすぐにわかるような安全標識をたてる、またカーブミラーを置いて、横から来る人や車の様子がよくわかるようにしてほしいなと感じます。

誰にでもわかるということが、安全標識の安全ということを一番意味するのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です