お金は一番大切な要素

好奇心旺盛な大阪に住む31才の男性会社員です。
既婚で3人家族、小遣いは月2万円ほど。ぜんぜんたりません汗

 

なんだかんだ言っても、この世はお金が一番大切だと思います。
時々「世の中にはお金よりも大切なモノ(愛、友情、やりがい、など)がある」、みたいなことをドラマや小説なんかで目にしますが、正直言ってそれはキレイごとだと思うんですよね。

 

 

とりわけ、男女が付き合っていくうえでは、お金というのは最も重要な要素だと言ってまず間違いありません。なぜなら、どんなにお互いの事を好きだと思っていても、結局のところ生活をしていくだけのお金が無ければ、多くの場合別れてしまうからです。世の中、キレイごとだけでは生きていけない証拠だと言えるのではないでしょうか。

あとはそうですねえ、お金の価値観って、国によっても違うような気がします。

ここ日本は高度に発展した国であり、地球上のトップ7(G7)の一員でもあります。要は、他の国に比べて、経済的に豊かな環境が揃っているわけでして、それを維持するためにどうしてもお金が必要になってくるわけなんですよね。

 

 

 

コレがもしも、アフリカ、東南アジア、中南米のような発展途上国ならば、そこまでお金を必要としないのかもしれません。そういった国々では、前述したような愛とか友情とか、やりがいとか、要はキレイごとが最も重要な要素かもしれず、そういう意味では、先進国よりも精神的に豊かだと言えるのかもしれませんね。

 

 

 

ちなみに、私は結婚しており、月々の生活費にはかなりギリギリといったところです。それでも上手くやり繰りをして、旅行に行ったり、欲しかった洋服を買ったりして、諸々の欲求を満たしているような状況です。

つまり、何かを楽しもうと思うのならば、その分をどこかで削る必要があるわけなんですねえ。

例えば、食費、電話代、ガソリン代なんかは、節約をするうえで一番最初に着手する要素であります。とはいえ、今挙げたような要素はある意味では、生活の基盤となる要素でもあり、過剰な節約をしてしまえば、かえってストレスを溜めてしまいかねません。

ですから、そのあたりのバランス(ストレスと欲求との)を上手く見極めながら、自分が本当にやりたいことにお金を使っていくようにしています。それは、お金に窮した時も同じで、何かを節約することで、ピンチを乗り切るようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です